【かぴ散歩vol.2】手塚治虫先生ゆかりの地を歩く(高田馬場)

空をこえて~♪ ラララ 星のかなた~♪
どうもこんにちは、かっぴです。手塚治虫先生の代表作『鉄腕アトム』。

手塚プロ入口

手塚プロダクションのある、ここ高田馬場はアトム生誕の地とされ、手塚先生とゆかりが深いお店がたくさんあるとのこと。今日はそんな聖地とも言うべき場所を訪ねて歩いてみました!

つかささん入口
まずは、駅から小滝橋に向かって歩いて5分ほど。1988年まで手塚先生が事務所を構えていた「セブンビル」があります。そのビルの1階にあるのが、喫茶「つかさ」さんです。

つかささん店内

昭和ロマンを感じさせる、雰囲気のある渋いお店ですね。手塚ファンの間でも有名で訪ねる人も多いらしく、当時の貴重なお話などをお聞きすることができるかも?

master

笑顔の素敵なマスターと一緒にパチリ。「アトム」のことを聞いてみたところ、かつての手塚プロに飾られていたというお宝の看板を見せていただきました。やったー!

あおやぎさん

さて、喫茶「つかさ」さんから道を隔て、こちらは和菓子「青柳」さん。アトムの看板が出ているので、前から気になっていました。

あおやぎさん店内

和菓子がお好きな手塚先生は、こちらのそば粉入りまんじゅう「更科」のファンだったとか。ショーウィンドウにはかわいらしいお菓子がズラリ。どれにしようか迷っちゃいますね~。

アトム&ウランまんじゅう

アトムとウランちゃんのおまんじゅうは、2003年4月7日のアトムの誕生日にちなんで開発されたとのこと。これはお土産にぴったりですね。

一番飯店さん

さて、お腹も減ってきたので早稲田通りを進んで「一番飯店」さんへ。こちらも先生ご用達だったことで有名な中華料理屋さんなんです。

あんかけやきそば

じゃ~ん! こちらが、肉海老野菜たっぷりの「特製上海焼きそば」(1,420円)。多忙な手塚先生のリクエストを受けて考案された、手早く食べられる栄養満点のメニューなのだとか。大きな具材がふんだんに盛られて、確かに食べ応えも栄養も満点です!

とまとめん

あまりのおいしさに、トマトタンメン(860円)も追加で頼んじゃいました。ラーメンなのにイタリア~ンな香りが漂う、さっぱりメニューです。食後に何とサービスのコーヒーもついて、大満足のランチタイムですね。

手塚プロ外観

手塚プロダクションは、かっぴのいるスポークから目と鼻の先なんですよ。手塚先生ゆかりの地を訪ねて高田馬場にお越しの際は、ぜひかっぴにも会いに来てくださいね。

おみやげ

 ◎お店情報
【喫茶 つかささん】
住所 東京都新宿区高田馬場3-12-5
電話番号 03-3362-8766
営業時間 9時〜20時
定休日  土・日・祝

【青柳さん】
住所 東京都新宿区高田馬場4-13−12
電話番号 03-3371-8951
営業時間 10:00~19:00 
定休日 日曜日

【一番飯店さん】
住所 東京都新宿区高田馬場4-28-18
電話番号 03-3368-7215
営業時間 11時半〜22時半
定休日  水曜日